院内のご案内

当院では、玄関から診察室まで、段差のないバリアフリー対応となっております。
また、エントランスへのアプローチ部分も、スロープと手すりを備えています。

image

待合室

患者さまに快適な待ち時間をお過ごしいただけるよう、待合室はゆったりしたつくりになっています。
さらに吹き抜けのある開放的な空間には、明るい日差しが取り込まれるよう工夫されています。 また、受付には現在の診察順番が表示され、自分の順番まであと何人かがわかるようになっています。


image

キッズスペース

柔らかいマット張りの床のキッズスペースには、絵本やちょっとしたおもちゃを用意し、お子様が待ち時間の間、 退屈しないように配慮しています。

待合室、受付からも目が届くように設計されているので、保護者の方にもご安心いただけます。


多目的トイレ

トイレは車椅子のままでも入れるよう広く作っており、手すりも完備しています。

また、オムツ替え用の台を設置しています。





医療設備

image

診察室

耳用顕微鏡を備えた診察ユニットを用いて、診療しております。


電子カルテ

診療情報を電子カルテで管理しています。

院内で診療情報が共有されているため、指示や連絡のミスが防げます。

また、会計待ち時間の短縮が可能となっています。


画像ファイリングシステム

内視鏡画像、レントゲン、エコー写真、聴力検査などの結果を、一括管理しています。
また、電子カルテとリンクしていますので、検査結果の速やかな表示が可能で、診察室での結果説明に効果的です。


電子スコープ

主として、咽喉頭、鼻内の観察をするための内視鏡です。

従来のファイバースコープより画像の解像度が優れており、より詳細な診察が可能です。
しかも、当院で使用しているカメラの先端は直径3.1mmととても細く、患者さまの苦痛を軽減できます。


レントゲン装置

デジタル化により現像の必要がなく、電子カルテとリンクしているため、 撮影してすぐに診察室で写真を確認することができます。


聴力検査室

無響室で、標準的な聴力検査、言葉の聞き取り検査、 ティンパノメーター(鼓膜や耳小骨の動きを見る検査)を行ないます。


赤外線眼振カメラ

めまいのときに現れる眼振(目の動き)を見るためのカメラです。

拡大した画像でより詳細な眼振の観察が可能です。


重心動揺計

体のふらつきを測定し、内耳性か中枢性かを鑑別する際の材料のひとつとして用います。


image

エコー検査

甲状腺、唾液腺、頸部リンパ節に腫れがあるときに行ないます。

超音波を用いて患者さまの体に負担を掛けることなく、腫瘍の有無や性状・大きさを、調べることができます。


高周波コアグレーター

主に、鼻出血で用います。

出血部位が確認できたとき、その部位を焼灼して止血します。


炭酸ガスレーザー装置

主に、アレルギー性鼻炎や花粉症で、鼻の粘膜を焼く手術(下甲介焼灼術)を行なうときに用います。

痛みや出血はほとんどなく、日帰りで行なうことができます。


ネブライザー(吸入器)

副鼻腔炎やのどの炎症に対して用います。

抗生物質やステロイド剤などの薬剤を霧状にして、鼻やのどに吸入します。


院内設備


スマートフォンサイトへ